スマートフォンサイトを表示する
藤田内科消化器科医院のコンテンツ
HOME / TOPページに戻る

2017

09/19
殺して、生かす!
08/21
イタリアに行ってきました
07/25
天と地と
06/12
二宮家のバラを観てきました
04/24
2回目の広重(浮世絵)
03/21
広重(浮世絵)を見てきました
02/13
感動の種子
01/04
明けましておめでとうございます

2016

11/29
紅葉狩り
10/24
藁にも縋る(わらにもすがる)
09/20
”お祭り”のあと
08/19
"お伊勢参り”から”五山送り火”へ
07/19
「始まり」があれば「終わり」がある
05/30
どっちが動いているの?
04/18
どうして私が?
02/09
小さな事
01/05
歌舞伎を観てきました
 の記事一覧を表示
Teny 医療の広場 藤田内科消化器科医院のページ 新潟市医師会 済生会新潟第二病院 新潟臨港病院

院長コラム

広重(浮世絵)を見てきました

2017/03/21

新潟市美術館(西大畑)に行ってきました。原安三郎という人が個人的に集めた浮世絵(多色刷りの木版画錦絵)展覧会です。葛飾北斎や歌川国芳の作品も素晴らしかったのですが、特に歌川広重の初摺(最初に版画として摺った作品)の色彩が見事でした。

 広重といえば、“広重ブルー”が有名ですが、それ以上に目を引いたのは「赤」でした。真っ赤なのです。今までは、色褪せた浮世絵しか見たことがなかったので、驚きました。この赤色があるからこそ、青色が引き立つのですね。この時代の人達は、こんな美しい版画作品を見ていたのかと、ちょっと羨ましくなりました。版画ですから、もの凄い数が摺られていたはずですが、包み紙や破れた障子に張られたりして、ほとんどが無くなってしまったのが残念です。当時の多くの日本人がその価値に気付かず、外国の人達がその価値に気付いて保存していたというのも皮肉なものです。

あらためて、時代を超えた天才浮世絵師達の凄さに感動しました。
 

このページの先頭へ戻る