鼻から・口からの胃カメラ、大腸カメラ、エコー検査(腹部・頸部)などの多彩な検査が受けられます。新潟では珍しい形成外科もあります。新潟市・藤田内科消化器科医院 国道8号線「中善久交差点」近く

藤田内科

tel:025-379-1288 fax:025-379-1282

メニュー

藤田内科消化器科医院のコンテンツ
HOME / TOPページに戻る
  • 医院概要・新着情報
  • 診療科目のご案内
  • 受付・会計
  • 医師紹介
  • アクセスマップ 交通案内
  • 胃カメラ(経鼻・経口)
  • 大腸カメラ
  • 超音波(エコー)検査
  • その他の検査
  • 形成外科
  • 診療予約カレンダー
  • 胃カメラ検査予約カレンダー
  • 超音波検査予約カレンダー
  • 特定健診・新潟市がん検診・健康診断 その他
  • 禁煙外来
  • インフルエンザ予防接種
  • その他の予防接種
  • 問診表ダウンロード
  • よくある質問 Q&A
  • 病診連携
  • スタッフ紹介
  • MR様面談予定日
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
藤田内科消化器科医院 外観

医療法人社団 隆仁会
藤田内科消化器科医院

〒950-1102
新潟市西区善久108-2 tel:025-379-1288 fax:025-379-1282

⇒ 当院へのアクセスマップ
新潟市医師会 済生会新潟第二病院 新潟臨港病院

医師紹介

院長 藤田一隆

経歴

  • 新潟大学医学部卒業
  • 医学博士
  • 新潟大学第三内科勤務(昭和62年まで)
  • 新潟市民病院消化器科医長(平成4年9月まで)
  • 藤田内科消化器科医院開業(平成4年10月)
  • 新潟市医師会理事(平成14年4月から)
  • 新潟県医師会代議員(平成18年2月から)
  • 新潟市医師会副会長(平成22年4月から平成26年6月まで)
  • 日本医師会代議員(平成26年から令和2年6月まで)
  • 新潟県医師会副議長(平成26年から平成28年6月まで)
  • 新潟県医師会議長(平成28年7月から令和2年6月まで)
  • 新潟市医師会会長(平成26年7月から令和2年6月まで)
  • 新潟市医師会顧問(令和2年7月から)
院長 藤田一隆

資格

  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医

モットー

を見るより、人間を診ることを心がけております。

非常勤医師 小川和也

専門科目

形成外科 & 内科・消化器内科

経歴

  • 東京医科歯科大学(国立) 医学部医学科 卒業
  • 東京医科歯科大学 形成外科 医員
  • 東京医科歯科大学大学院 医学博士
  • 東京大学 形成外科 助教 
  • 新潟大学 消化器内科 医員
  • 信楽園病院 消化器内科 医長

その他、出向病院多数

ひとこと

私は、内科(消化器内科)と外科(形成外科)の両方を専門とする、ハイブリッド・ドクターです。内科医として胃や腸など「体の内側」を治療し、形成外科医として皮膚や筋骨格など「体の外側」を治療します。

大学病院を拠点として、首都圏や新潟の様々な病院に出向し、高い技術や知識を学んできました。科を問わず「何でも相談できる医師」であるために日々研鑽しています。

院長コラム

「忘れること」はいいことだ

2024/07/01

年と共に、“物忘れ”がひどくなります。新しいことが覚えられなくなります。覚える気にもなれません。

スマホやパソコンだけでなく、洗濯機、電子レンジ、炊飯器まで、やたらとスイッチがいっぱいあって、どうやって使ったらよいかわかりません。説明書を読むのも面倒です。

車もそうですね。モニターにいろんな画面が出てきて、いちいち操作しないと動かない。マニュアル車からオートマチック車に乗り換えた時は便利だと思いましたが、それ以降の“進化”は面倒なだけです。

音楽もそうです。最近流行の曲は、みな同じように聞こえて区別がつきません。歌手の顔も同じに見えます。だいたい歌詞の内容が意味不明です。

私も、しっかり“ジジイ”の仲間入りです。

最近は、新しいことを覚えられなのは辛いですが、「忘れられること」は悪くないと思っています。

誰でも、忘れてしまいたい事があると思います。消してしまいたい「黒歴史」があるでしょう。

そんな嫌な事をずっと覚えていたら、毎日が辛くてたまらないですよね。上手に頭(記憶)から消し去って、何事もなかったように生きていくことも大切だと思います。努力しなくても忘れてしまえたら、こんなにいいことはないでしょう。

周囲の人に迷惑をかけない程度に“物忘れ”をするのは、いいことなのかもしれませんね。

昨日の事は忘れて、今日を楽しく生きられたら、とっても幸せだと思います。

バックナンバー
 

このページの先頭へ戻る