内視鏡検査(鼻から・口からの胃カメラ)・エコー検査(腹部・頚動脈)など、多彩な検査が受けられます。 新潟市・藤田内科消化器科医院 国道8号線「中善久交差点」近く

藤田内科消化器科医院
藤田内科消化器科医院のコンテンツ
HOME / TOPページに戻る
  • 医院概要・新着情報
  • 診療科目のご案内
  • 受付・会計
  • 医師紹介
  • アクセスマップ 交通案内
  • 経口・経鼻 内視鏡検査
  • 超音波(エコー)検査
  • その他の検査
  • 診療予約カレンダー
  • 胃カメラ検査予約カレンダー
  • 超音波検査予約カレンダー
  • 特定健診・新潟市がん検診・健康診断 その他
  • 禁煙外来
  • その他の予防接種
  • 問診表ダウンロード
  • よくある質問 Q&A
  • 病診連携
  • スタッフ紹介
  • MR様面談予定日
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
藤田内科消化器科医院 外観

医療法人社団 隆仁会
藤田内科消化器科医院

〒950-1102
新潟市西区善久108-2 tel:025-379-1288 fax:025-379-1282

⇒ 当院へのアクセスマップ
新潟市医師会 済生会新潟第二病院 新潟臨港病院

医師紹介

院長 藤田一隆

経歴

  • 新潟大学医学部卒業
  • 医学博士
  • 新潟大学第三内科勤務(昭和62年まで)
  • 新潟市民病院消化器科医長(平成4年9月まで)
  • 藤田内科消化器科医院開業(平成4年10月)
  • 新潟市医師会顧問(令和2年7月から)

資格

  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医

モットー

を見るより、人間を診ることを心がけております。

非常勤医師 小川和也

専門科目

形成外科 & 内科・消化器内科

経歴

  • 東京医科歯科大学(国立) 医学部医学科 卒業
  • 東京医科歯科大学 形成外科 医員
  • 東京医科歯科大学大学院 医学博士
  • 東京大学 形成外科 助教 
  • 新潟大学 消化器内科 医員

その他、出向病院多数

ひとこと

私は、内科(消化器内科)と外科(形成外科)の両方を専門とする、世にも珍しいハイブリッド・ドクターです。内科医として胃や腸など「体の内側」を治療し、形成外科医として皮膚や筋骨格など「体の外側」を治療します。

大学病院を拠点として、首都圏や新潟の様々な病院に出向し、高い技術や知識を学んできました。科を問わず「何でも相談できる医師」であるために日々研鑽しています。

院長コラム

元気に長生き!

2022/07/01

前回、「今が一番」と書きましたが、それがずーっと続くといいですよね。最近、「平均寿命」だけでなく、「健康寿命」という言葉を耳にします。「平均寿命」は、何歳まで生きられるかの予測値ですが、「健康寿命」は?というと、難しい。

そもそも、“健康”とは何か?という疑問が沸いてきます。

高血圧や糖尿病があっても、本人が元気だと思えば“健康”?

癌があっても、本人が知らずに過ごしていれば“健康”?

薬を飲み始めたら、“健康”じゃない??

「風邪」を引いた時や「二日酔い」の時はどうなの??

という訳で、“健康”かどうかの基準は難しく、曖昧なのです。

そこで、国は、“健康な状態”を、『日常生活に制限がない状態』と定義し、「国民生活基礎調査」で、次のように質問し、その結果から、「健康寿命」を算出しました。

質問(1):あなたは現在、健康上の問題で日常生活に何か影響がありますか?

      →回答:「ない」:健康。

「ある」:不健康。

質問(2):あなたの現在の健康状態はいかがですか?

      →回答:「よい」・「まあよい」・「ふつう」:健康。

「あまりよくない」・「よくない」:不健康

あなたは、どう答えますか?難しいですよね。

そうやって集めたデータを基に「健康寿命」を算出した結果、2016年の調査結果では、男性:72.14歳、女性:74.79歳でした。平均寿命と比べると、男性は約8年、女性は約12年、短いという結果でした。言い換えると、男性は最期の8年間、女性は最期の12年間、誰かのお世話になる(若い人達がお世話をする)ということです。

いかがですか?「健康な期間」が短く、「不健康な時間」が長く感じませんか?75歳を過ぎたら、「不健康」みたいに思えますよね。

若い人達は、そんなに長く親の世話をするの?

高齢者は、自分はそんなに長く家族に迷惑はかけたくない。

と思うのではないでしょうか?
でも、数字の上からは、これが現実なのです。

だから、「ピン、ピン、コロリン」が望まれるのです。

こんな数字に負けないで、死ぬまで元気に働きましょう!

できることは何でもしましょう!

死ぬまで、「私は健康だ!」と言ってやりましょう!

でも、どうしても助けが必要になったら、素直に「お願いします」と頼めばいいのです。今まで、あなたは十分に頑張ってきたのですから・・・。

バックナンバー
 

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る