内視鏡検査(鼻から・口からの胃カメラ)・エコー検査(腹部・頚動脈)など、多彩な検査が受けられます。 新潟市・藤田内科消化器科医院 国道8号線「中善久交差点」近く

藤田内科
藤田内科消化器科医院のコンテンツ
HOME / TOPページに戻る

2021

01/05
明けましておめでとうございます

2020

12/04
年の終わりに
11/02
現状維持
10/02
言霊(ことだま)
09/04
引き際
07/31
ベラ、マグロ、それともウナギ?
07/03
藤井聡太七段
06/01
コロナと共に
05/08
コロナで世の中が変わる!?
04/03
疫病だあ!
03/02
「恨む」より「感謝」
02/03
「勝つ人」と「負ける人」
01/04
明けましておめでとうございます!
 の記事一覧を表示
Teny 医療の広場 藤田内科消化器科医院のページ 新潟市医師会 済生会新潟第二病院 新潟臨港病院

院長コラム

明けましておめでとうございます

2021/01/05

今年は雪で始まりました。これで、“コロナ”も消えてくれればいいのですが、そうもいかないようです。

東京は、1日の感染者数が千人を超えてしまいました。まさに、医療機関の破綻寸前です。それでも、一般市民の危機意識は低いようで、大勢の人たちが街に繰り出しています。困ったものです。

 そのような厳しい状況下でも、「箱根駅伝」は予定通りに開催されました。往路での青山学院大学(前年優勝校)の失速にも驚きましたが、復路での駒澤大学の大逆転劇は、映画のシーンを見ているようでした。9区の鶴見中継所を3分19秒の大差をつけて創価大学が1位で通過した時、優勝は決まったと思いました。ところが、駒澤大学のアンカーが猛烈な追い上げをみせて、1位でゴールしました。ヒーローを待ち受け、沸き立つ駒澤大学関係者。それとは対照的に、ゴールと同時に倒れこみ、担架で運ばれる創価大学のアンカー。彼の心情たるや、いかがなものであったでしょうか?監督やチームメートは何と声をかけたのでしょうか?

4度目の駅伝出場で2位は立派です。どうか、自分を責めないで、これからしっかりと生きていって欲しいと願います。

 本当に、何が起きるかわからない時代です。“絶対”なんてものはないような気がします。

 特別に「いい年」でなくてもいいから、「ふつうの年」になって欲しいものですね。

 今年もよろしくお願いいたします。

 

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る