内視鏡検査(鼻から・口からの胃カメラ)・エコー検査(腹部・頚動脈)など、多彩な検査が受けられます。 新潟市・藤田内科消化器科医院 国道8号線「中善久交差点」近く

藤田内科消化器科医院
藤田内科消化器科医院のコンテンツ
HOME / TOPページに戻る

2022

07/01
元気に長生き!
05/31
今が一番!
05/06
奈良に行ってきました
04/01
分相応
02/28
コロナ、戦争、どっちが嫌?
01/31
失われた2年間
01/04
あけましておめでとうございます

2021

12/13
年の終わりに思うこと
10/21
御礼
10/04
「怒り」について
09/06
引き際
08/17
”祭り”の後
07/16
コロナワクチンお礼とお詫び
05/21
コロナワクチン(2回目)打ちました!
05/02
コロナワクチン打ちました!
04/02
「やさしさ」とは?
03/01
打つことにしたけれど・・・
02/01
打つべきか、打たざるべきか?
01/05
明けましておめでとうございます
 の記事一覧を表示
新潟市医師会 済生会新潟第二病院 新潟臨港病院

院長コラム

「やさしさ」とは?

2021/04/02

「平成の三四郎」と呼ばれた古賀稔彦さんが亡くなりました。53歳でした。一本背負いを得意とし、脚を負傷しながらもバルセロナオリンピックで優勝した姿は、とても輝いていました。

テレビのワイドナショーで、古賀さんが「なぜ柔道をするのですか?」と聞かれた時、「やさしくなるため」と答えた、というエピソードが紹介されていました。ふつうは、「強くなりたいから」と答えるでしょう。

「やさしさ」を辞書で調べると、『心が温かく、思いやりがあり、穏やかでおとなしいこと』とあります。たしかに、「やさしさ」と「強さ」は、結びつきません。むしろ、弱い方が、他人の痛みにも敏感で、やさしくなれる気がします。古賀さんの真意がどこにあったのか、もう確かめることはできません。ただ、教え子である谷本歩実選手がオリンピックで金メダルを獲った時に、古賀監督に抱き着いて喜んでいた姿の中に、古賀さんの真のやさしさを感じとることができる気がします。

本当に強い人はやさしくなれるのかもしれません。

私は、全然強くないので、古賀さんのようにやさしくはなれませんが、弱い者なりのやさしさというものがあってもいいような気がします。

 「やさしい医師でありたい」と思います。

 

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る