内視鏡検査(鼻から・口からの胃カメラ)・エコー検査(腹部・頚動脈)など、多彩な検査が受けられます。 新潟市・藤田内科消化器科医院 国道8号線「中善久交差点」近く

藤田内科消化器科医院
藤田内科消化器科医院のコンテンツ
HOME / TOPページに戻る

2022

01/04
あけましておめでとうございます

2021

12/13
年の終わりに思うこと
10/21
御礼
10/04
「怒り」について
09/06
引き際
08/17
”祭り”の後
07/16
コロナワクチンお礼とお詫び
05/21
コロナワクチン(2回目)打ちました!
05/02
コロナワクチン打ちました!
04/02
「やさしさ」とは?
03/01
打つことにしたけれど・・・
02/01
打つべきか、打たざるべきか?
01/05
明けましておめでとうございます
 の記事一覧を表示
新潟市医師会 済生会新潟第二病院 新潟臨港病院

院長コラム

引き際

2021/09/06

菅総理大臣が、次の総裁選に立候補しない、との表明をしました。驚きました。たった1年で退任です。安倍前総理が任期途中で辞任し、残りの任期のピンチヒッター的な役割であったとしても、ご本人は続投を強く望んでいるものと思っていました。このような退陣劇は、ご本人も予想していなかったのではないでしょうか?

ある力士が、横綱に推挙された時点で、親方から「引退」についての話をされた、と聞いたことがあります。横綱は降格がないので、勝てなくなったら引退しかないのです。厳しい世界ですね。

そういえば、長嶋選手や王選手が引退する時、当時のメジャーリーガーは不思議に思ったそうです。まだまだやれるのに、と。確かに、メジャーリーガーが3Aに降格し、果ては独立リーグでプレーしていることもありますよね。

しかし、日本では古来より「引き際の美学」というものがあります。これを間違えると「晩節汚す」ことになるからです。

とはいえ、凡人が綺麗に辞めるのは難しいです。カッコ悪くても家族のため、生活のため、最後までしがみついていることもあるでしょう。それはそれで、立派だと思います。

引き際は、人それぞれ。余裕のある人が、「綺麗な引き際」を考えればいいのかもしれません。 

さて、「人生の引き際」は、どうなりますかねえ?

 

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る