内視鏡検査(鼻から・口からの胃カメラ)・エコー検査(腹部・頚動脈)など、多彩な検査が受けられます。 新潟市・藤田内科消化器科医院 国道8号線「中善久交差点」近く

藤田内科消化器科医院
藤田内科消化器科医院のコンテンツ
HOME / TOPページに戻る

2022

12/02
今年もありがとうございました
11/01
生き急ぎ・死に急ぎ
10/03
いつから悩み、いつまで悩む?
09/02
ギリギリの人生
08/01
ご先祖様
07/01
元気に長生き!
05/31
今が一番!
05/06
奈良に行ってきました
04/01
分相応
02/28
コロナ、戦争、どっちが嫌?
01/31
失われた2年間
01/04
あけましておめでとうございます

2021

12/13
年の終わりに思うこと
10/21
御礼
10/04
「怒り」について
09/06
引き際
08/17
”祭り”の後
07/16
コロナワクチンお礼とお詫び
05/21
コロナワクチン(2回目)打ちました!
05/02
コロナワクチン打ちました!
04/02
「やさしさ」とは?
03/01
打つことにしたけれど・・・
02/01
打つべきか、打たざるべきか?
01/05
明けましておめでとうございます
 の記事一覧を表示
新潟市医師会 済生会新潟第二病院 新潟臨港病院

院長コラム

元気に長生き!

2022/07/01

前回、「今が一番」と書きましたが、それがずーっと続くといいですよね。最近、「平均寿命」だけでなく、「健康寿命」という言葉を耳にします。「平均寿命」は、何歳まで生きられるかの予測値ですが、「健康寿命」は?というと、難しい。

そもそも、“健康”とは何か?という疑問が沸いてきます。

高血圧や糖尿病があっても、本人が元気だと思えば“健康”?

癌があっても、本人が知らずに過ごしていれば“健康”?

薬を飲み始めたら、“健康”じゃない??

「風邪」を引いた時や「二日酔い」の時はどうなの??

という訳で、“健康”かどうかの基準は難しく、曖昧なのです。

そこで、国は、“健康な状態”を、『日常生活に制限がない状態』と定義し、「国民生活基礎調査」で、次のように質問し、その結果から、「健康寿命」を算出しました。

質問(1):あなたは現在、健康上の問題で日常生活に何か影響がありますか?

      →回答:「ない」:健康。

「ある」:不健康。

質問(2):あなたの現在の健康状態はいかがですか?

      →回答:「よい」・「まあよい」・「ふつう」:健康。

「あまりよくない」・「よくない」:不健康

あなたは、どう答えますか?難しいですよね。

そうやって集めたデータを基に「健康寿命」を算出した結果、2016年の調査結果では、男性:72.14歳、女性:74.79歳でした。平均寿命と比べると、男性は約8年、女性は約12年、短いという結果でした。言い換えると、男性は最期の8年間、女性は最期の12年間、誰かのお世話になる(若い人達がお世話をする)ということです。

いかがですか?「健康な期間」が短く、「不健康な時間」が長く感じませんか?75歳を過ぎたら、「不健康」みたいに思えますよね。

若い人達は、そんなに長く親の世話をするの?

高齢者は、自分はそんなに長く家族に迷惑はかけたくない。

と思うのではないでしょうか?
でも、数字の上からは、これが現実なのです。

だから、「ピン、ピン、コロリン」が望まれるのです。

こんな数字に負けないで、死ぬまで元気に働きましょう!

できることは何でもしましょう!

死ぬまで、「私は健康だ!」と言ってやりましょう!

でも、どうしても助けが必要になったら、素直に「お願いします」と頼めばいいのです。今まで、あなたは十分に頑張ってきたのですから・・・。

 

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る