内視鏡検査(鼻から・口からの胃カメラ)・エコー検査(腹部・頚動脈)など、多彩な検査が受けられます。 新潟市・藤田内科消化器科医院 国道8号線「中善久交差点」近く

藤田内科
藤田内科消化器科医院のコンテンツ
HOME / TOPページに戻る

2020

07/31
ベラ、マグロ、それともウナギ?
07/03
藤井聡太七段
06/01
コロナと共に
05/08
コロナで世の中が変わる!?
04/03
疫病だあ!
03/02
「恨む」より「感謝」
02/03
「勝つ人」と「負ける人」
01/04
明けましておめでとうございます!

2019

12/16
今年1年を振り返って
09/24
今度は、日光田母沢御用邸に行ってきました!
08/19
京都迎賓館に行ってきました!
07/01
あと何年、生きられるかなあ?
05/10
2度目のスペイン
04/22
毒親
03/22
イチローが引退しました
02/05
カタールに負けた?!
01/04
明けましておめでとうございます。
 の記事一覧を表示
Teny 医療の広場 藤田内科消化器科医院のページ 新潟市医師会 済生会新潟第二病院 新潟臨港病院

院長コラム

コロナと共に

2020/06/01

小池東京都知事が、“ウィズ・コロナ”を提言しました。「新型コロナウィルスと共存していく」ということです。

確かに、このウィルスは消えていません。どこか(ヒトの細胞の中)にいます。誰の中にいるのか、わかりません。隣の人かもしれません。自分かもしれません。ウィルスはどこかで生きているのです。

ということで、本当は嫌なのですが、ウィルスも私達も“共に生きている”という状況が、しばらく続くということです。どれくらい続くかは誰にもわかりません。「天然痘」や「SARS」は無くなりましたが、新型コロナは簡単には消えないでしょう。インフルエンザやふつうの風邪ウィルスのように、ずーっと生き残るかもしれません。困りますねえ。そうなると、嫌々ながらも、「新型コロナウィルスと一緒に生きていく」ということになります。

ワクチンが開発されて感染を防げるのか?有効な薬剤が出てきて簡単に治るようになるのか?それがいつになるのか?果たして安全か?あまりに急ぎ過ぎて、副作用で死ぬのは絶対に嫌です。

これほど医学(科学)が発達しているのに、ただ逃げている(自粛)だけというのは、なんとも情けない気もしますが仕方ありません。

 

逃げて逃げて、逃げまくりましょう!

何としても生き伸びましょう!

ひとりも欠けることなく、生き続けることを願います。

 

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る