内視鏡検査(鼻から・口からの胃カメラ)・エコー検査(腹部・頚動脈)など、多彩な検査が受けられます。 新潟市・藤田内科消化器科医院 国道8号線「中善久交差点」近く

藤田内科
藤田内科消化器科医院のコンテンツ
HOME / TOPページに戻る

2020

07/31
ベラ、マグロ、それともウナギ?
07/03
藤井聡太七段
06/01
コロナと共に
05/08
コロナで世の中が変わる!?
04/03
疫病だあ!
03/02
「恨む」より「感謝」
02/03
「勝つ人」と「負ける人」
01/04
明けましておめでとうございます!

2019

12/16
今年1年を振り返って
09/24
今度は、日光田母沢御用邸に行ってきました!
08/19
京都迎賓館に行ってきました!
07/01
あと何年、生きられるかなあ?
05/10
2度目のスペイン
04/22
毒親
03/22
イチローが引退しました
02/05
カタールに負けた?!
01/04
明けましておめでとうございます。
 の記事一覧を表示
Teny 医療の広場 藤田内科消化器科医院のページ 新潟市医師会 済生会新潟第二病院 新潟臨港病院

院長コラム

藤井聡太七段

2020/07/03

若干17歳の棋士:藤井聡太さんの快進撃が続いています。中学生でプロとなり、いきなり連勝記録を打ち立てて話題となりましたが、その後も順調に力をつけているようです。

私は将棋のことは全くわかりませんが、「棋聖戦5番勝負」と「王位戦七番勝負」に進出し、先輩棋士と堂々と戦い、勝利していることは、凄いことだと思います。プロ棋士になっても、一度もタイトル戦を経験することなく引退していく棋士の方が多いのに、高校生にして二つのタイトルに挑戦する位置まで登ってきたとは。反面、常に注目され、勝ち続けることのプレッシャーたるや、想像を絶するものでしょう。彼は、それをずっと背負いながら、戦っていかなければならないのです。本当に大変だと思います。

一方、敗れた対戦相手の気持ちはどのようなものでしょうか?ほとんど人が藤井棋士を応援していると思います。対戦相手は“悪役”のような役回りになってしまいます。年齢も経験年数も上なのに。それで敗れた時のショックはいかばかりか。察するに余りあります。

勝負の世界は過酷です。必ず、勝者と敗者が生まれます。負けが多くなれば引退せざるを得ません。

そのような世界に足を踏み入れた藤井棋士、頑張れ!

応援します。

 

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る