内視鏡検査(鼻から・口からの胃カメラ)・エコー検査(腹部・頚動脈)など、多彩な検査が受けられます。 新潟市・藤田内科消化器科医院 国道8号線「中善久交差点」近く

藤田内科消化器科医院
藤田内科消化器科医院のコンテンツ
HOME / TOPページに戻る

2021

07/16
コロナワクチンお礼とお詫び
05/21
コロナワクチン(2回目)打ちました!
05/02
コロナワクチン打ちました!
04/02
「やさしさ」とは?
03/01
打つことにしたけれど・・・
02/01
打つべきか、打たざるべきか?
01/05
明けましておめでとうございます

2020

12/04
年の終わりに
11/02
現状維持
10/02
言霊(ことだま)
09/04
引き際
07/31
ベラ、マグロ、それともウナギ?
07/03
藤井聡太七段
06/01
コロナと共に
05/08
コロナで世の中が変わる!?
04/03
疫病だあ!
03/02
「恨む」より「感謝」
02/03
「勝つ人」と「負ける人」
01/04
明けましておめでとうございます!
 の記事一覧を表示
Teny 医療の広場 藤田内科消化器科医院のページ 新潟市医師会 済生会新潟第二病院 新潟臨港病院

院長コラム

現状維持

2020/11/02

「変わらないこと」、「今のままでいること」は難しいものです。

子供は、日々成長します。昨日より今日、今日より明日、という具合に。やがて、身長は10代後半には止まります(増えるのは体重だけ)。体力も20代がピークでしょうか?あとは、そのままでいるか、衰えていくか、です。

 バブル経済が弾けた時、いずれ元に戻る、と信じていました。

新型コロナに苦しめられている現在、ワクチンや治療薬が完成すれば元の生活に戻れる、と思いたいですよね。でも、戻れないかもしれません。

 年をとるのは変えられませんし、コロナ以外の病気に罹ることだってあります。災害や事故の危険性も。いくら努力しても「今のままでいる」ことは難しい(できない)のです。だからこそ、「変わらないもの」に憧れるのかもしれません。“絶対的なもの”にすがりたくもなるのです。「苦しい時の神頼み」とでもいいましょうか。

少しの間でも「現状維持」できたら、喜ばしいことです。感謝しないといけませんね。 

変わらないものがあるとすれば、『自分は今、生きている』、

難しく言えば『自分が存在している(to be)』ということでしょか?病気になっても、ケガをしても、生きているのです。生まれてから今までずっと、自分でありつづけた、という事実です。

これからも“いいこと”があると信じて、生きてゆきましょう!

 

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る