スマートフォンサイトを表示する
藤田内科消化器科医院のコンテンツ
HOME / TOPページに戻る

2013

12/16
「倍返し」より「微笑み返し」
11/18
「偶然」と「必然」
10/16
“悪口”より“褒め言葉”
09/09
東京五輪、おめでとう!
07/04
ケイスケとミキティ
05/14
山があるから登る!?
04/16
三國連太郎さんが亡くなりました!
03/18
機械は必ず壊れる!では人間は?
02/18
目は口ほどに物を云わない?
01/18
お正月が終わってしまいました!
 の記事一覧を表示
Teny 医療の広場 藤田内科消化器科医院のページ 新潟市医師会 済生会新潟第二病院 新潟臨港病院

院長コラム

お正月が終わってしまいました!

2013/01/18

明けましておめでとうございます。今年のお正月はいかがでしたか?のんびり過ごした人、楽しかったけど疲れてしまった人、いつもと変わらず仕事をしていた人、いろいろな過ごし方があったと思います。私は1月3日が「新潟市急患診療センター」の当番だったので、あっという間に過ぎてしまいました。
ところで、童謡の「お正月」という歌詞の中に「もういくつ寝るとお正月、お正月には凧あげて・・・」という、いかにも楽しげなフレーズがあります。確かに、子供の頃、お正月は特別で待ち遠しいものでした。大人になると、新年の挨拶回りや来客の応対など煩わしさも加わってきます。それが嫌で旅行に出かける人も多いのでしょう。
一方、お正月が楽しければ楽しい程、終わった後の寂しさも強くなるものです。“祭りのあとの寂しさ”といったものでしょうか。少し内容は異なりますが、日曜日よりも土曜日の方が楽しい人も多いのではないでしょうか?好きな事をして楽しむのはいいのですが、その後仕事が待っていると思うと憂鬱になります。特に連休明けの初日は最悪です。では、お正月や休日なんかない方がいいのか、というとそうでもありません。“お休み”や“遊び”は必要です。では、ずっと休みが一番いいかと思い、退職した人に聞いてみると「毎日が日曜日というのも辛い」のだそうです。難しいものですね。
「一生懸命働いて、ご褒美に少し休む」というのがちょうどいいのでしょう。できれば、働くことが楽しくて、休むことも楽しければ最高ですが、欲張りすぎでしょうか?
 

このページの先頭へ戻る