スマートフォンサイトを表示する
藤田内科消化器科医院のコンテンツ
HOME / TOPページに戻る

2013

12/16
「倍返し」より「微笑み返し」
11/18
「偶然」と「必然」
10/16
“悪口”より“褒め言葉”
09/09
東京五輪、おめでとう!
07/04
ケイスケとミキティ
05/14
山があるから登る!?
04/16
三國連太郎さんが亡くなりました!
03/18
機械は必ず壊れる!では人間は?
02/18
目は口ほどに物を云わない?
01/18
お正月が終わってしまいました!
 の記事一覧を表示
Teny 医療の広場 藤田内科消化器科医院のページ 新潟市医師会 済生会新潟第二病院 新潟臨港病院

院長コラム

東京五輪、おめでとう!

2013/09/09

2020年、東京でのオリンピック開催が決定しました。よかった。本当によかった。
前回の東京五輪、皆さんは覚えていますか?私は当時小学生で、聴覚教室のテレビの前でレスリングの応援をしていたのを思い出します。たしか、渡辺選手か植竹選手だったと思います。また、“東洋の魔女”と呼ばれた女子バレーボールの河西主将のサービスのトス(1回回転させてから打つ)が印象に残っています。それと、開会式のファンファーレでしょうか?
さて、今回の開催決定がどうして嬉しかったかというと、日本の最終プレゼンテーションに感動したからです。高円宮妃久子様のフランス語と流暢な英語でのスピーチを皮切りに、竹田恒和理事長や猪瀬東京都知事の後、安倍晋三首相が英語で(日本では聞いたことがないほど)力強い演説を日本人として誇らしく思いながら聞いていました。直前まで原稿を読んで練習している姿が映しだされていたから、なおさら一生懸命さが伝わってきました。と、同時に、どれだけ多くの人達が用意周到に準備をしてきたかということに思いをめぐらしました。これだけ頑張ったのだからこれでダメなら仕方がない、と思う反面、何とか関係者の努力が報われて欲しいと思っていました。
その後の番組では、五輪開催の意味(意義)を問う声も聞かれましたが、とりあえず“お祭り”が開催される、ということでいいのではないでしょうか?昔から、世界中に“お祭り”はあります。そこに理由はいらないと思います。たった1日(せいぜい3日くらい)のために1年かけて準備し、ぱっと燃やしてしまうことだってあります。大いなる無駄ではありますが、こういう無駄を人間は好きなのだと思います。メリハリのない生活は退屈です。ゴールのないマラソンは疲れます。とりあえず、2020年東京五輪という“お祭り”(ゴール)を目指して、日本国民が生き生きと暮らしていけたらと思います。少し失いかけていた日本人としての自信・誇りを取り戻していきましょう!
 

このページの先頭へ戻る